ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説!
いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉

2020年1月10?12日に開催された東京オートサロン2020でひときわ注目を集めていたのが、ダイハツのブースの真ん中に展示されていた「TAFTコンセプト」だ。SUVらしさを極めた無骨な道具感は、アウトドアはもちろん都會でも映えること間違いなし! オフローダーのタフさとハイト系のユーティリティを兼ね備えたまったく新しい軽クロスオーバーと言える。2020年央と見られる市販化が待ちきれない人のために、いま知りうる「TAFTのすべて」をお伝えしよう。

REPOET●工藤貴宏(KUDO Takahiro)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉
2020年央の発売が待ちきれない!

これはアリだろう!

1月10日から12日にかけて開催された東京オートサロンのダイハツブース。そのステージ上に展示されていた軽自動車「タフト コンセプト」(以下「タフト」)を見ての率直な印象だ。

多くの人にとって「タフト」というのは耳なじみのない車名かもしれないが、それもそのはず。現在のラインナップにはない、今後発売する予定の新型車なのだ。ダイハツによると「2020年央の発売に向けて開発を進めている」というから、東京オリンピックの頃までには正式に発表されるに違いない。

2020年央の発売が待ちきれない!

そんなタフトだが、まず注目したいポイントがふたつある。ひとつは天井、もうひとつは荷室だ。

天井はなんと、前席の上が開放感抜群のガラスルーフになっている。タフトのように遊び心あふれるクルマだからこそ、ガラスルーフのように移動を楽しくしてくれるアイテムは大歓迎だ。

ちなみに、ダイハツだけでなく他社も含めて、現在発売されている軽自動車においてガラスルーフを展開している車種は皆無。そんななかでのガラスルーフの採用はかなり魅力的と言うほかない。

2020年央の発売が待ちきれない!

もうひとつのポイントである荷室は、リヤシートがフラットに倒れる構造が大きなトピックだ。ラゲッジスペースの床面と後席の背面の間に段差がないからユーティリティ性がとても高い。さらに荷室床面も後席背面も樹脂製で、汚れたら水拭きできるから荷室を使い倒すのに都合がいい。

スノーボードなどウインタースポーツやキャンプなど、たくさんの道具を荷室に積んでレジャーに出かける際にフラットなフロアはとても便利だ。そのうえ汚れたら簡単に掃除できることで、泥や雪が付いたままでもガンガン積み込めるのは実用的と言える。遊びのパートナーとして最適である。

そんなふたつのポイントこそがタフトのキャラクターを象徴しているといっていい。ダイハツによると「日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバー」とのことで、そうなるとユーザーから求められるのはやはりアクティブな雰囲気と高い実用性だろう。

2020年央の発売が待ちきれない!

もちろん車體サイズは軽自動車枠に収まっているのだが、実車は軽自動車よりも大きく見えて立派な印象。ボンネットを長く見せるとともにサイドウインドウの天地高を低くした直線基調のデザインなどの妙技と思われる。デザインや作り込みはかなり市販車然としていて、ホイールやタイヤを除くとこのまま市販されることになりそうだ。

2020年央の発売が待ちきれない!
2020年央の発売が待ちきれない!

それを體現するかのように、スタイリングは武骨さを強調している。徹底した直線基調のデザインとし、ボンネットを平面的にすることで質実剛健な道具感が伝わってくる。そのうえ、このボンネットは見切りがいいので車體感覚のつかみやすさにもつながっているのも見逃せない美點だ。

またタイヤは徑が大きく、それを覆う無塗裝の樹脂製フェンダーなどもワイルド。真正面真後ろから見るとフェンダー下部が切り欠かれていて、タイヤのトレッド面が見えるようにデザインされているのも本格オフローダーをイメージさせる遊び心である。

2020年央の発売が待ちきれない!

前席頭上はガラスルーフ化。ガラスルーフとフロントウインドウの間をブラックに塗り、スタイリング上はフロントウインドウとガラスルーフが一體化したように見えてスタイリッシュだ。

2020年央の発売が待ちきれない!

ワイパーは隠すことに注力する昨今のトレンドに逆らって、あえてアーム全體が見えるようにデザイン。

2020年央の発売が待ちきれない!

タイヤのまわりには樹脂素地仕上げのパーツを裝著。ワイルドな印象を強調する。その表面にも細かい溝による立體造形を入れ、車名を添えたリヤフェンダーのデザインが新鮮だ。

車體側面の造形は、ボンネットフードから続くショルダーラインを軽自動車としては異例の高さとし、サイドウインドウの天地高をあえて低くしているのが特徴的だ。窓が小さくなるので開放感は控えめとなるが、そのぶん武骨さが強調されるのでタフギヤ感が増している。

そして乗り込めば室內の広さに納得である。後席も平均的な日本人男性がゆったりと足を組めるだけの居住性を確保している。つまりタフトは、実用性はしっかりと備えつつ、遊び心あるスタイルのクルマが欲しいというリクエストにジャストなキャラクターなのだ。

2020年央の発売が待ちきれない!
インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!

そんなタフトの個性はインテリアにも貫かれていた。まず象徴的なのは、フロントシートが軽ハイトワゴンでは一般的なベンチタイプ(左右一體となった形狀)ではなく、左右が獨立したセパレート式になっていること。これは珍しい。

そのうえでインパネ中央部の下も一般的な軽自動車とは大きく異なる考え方だ。ハイトワゴンは左右ウォークスルー性を考えてインパネ中央下部の空間を広くするのが常識だが、タフトは逆に大きく張り出して存在感のあるセンターコンソールを設置している。これによって、一般的な軽自動車とは異なる左右席のセパレート感や包まれ感がもたらす運転のしやすさと、センターコンソールの大型トレーに小物を置ける利便性を手に入れている。見るからにアクティブに遠出したくなるコクピットなのだ。

さらに、そのセンターコンソールには電動パーキングブレーキのスイッチが組み込まれているのも見逃せないポイントである。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!

インパネの意匠もエクステリア同様に直線基調。助手席の前にはグローブボックスとは獨立した大型トレーもあり、実用性も高い。エアコン吹き出し口の周囲やメーターパネルにオレンジのアクセントを加えて、アウトドアギアのような雰囲気を演出している。操作系は、シフトレバーを軽自動車としては一般的なインパネシフトとする一方で、パーキングブレーキは足踏み式ではなく電動式となっている點に注目したい。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!
インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!
インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!
インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!

メカニズムに関しては、エンジンは660ccターボ、トランスミッションはCVT、駆動方式は2WDであることだけがアナウンスされている。

オートサロンで展示されていたのはあくまで「コンセプト」と車名についた試作車だが、インテリアを見ると細かい形狀までしっかりと作り込まれていた。

さらにはフロントウインドウ上部中央には先進安全運転支援システム「スマートアシスト」のカメラが組み込まれて、バンパーにも超音波センサーが組み込まれる形狀になっていたりと、見る限りは細部に渡って市販車然とした仕上がりだった。

つまりはショー用のドレスアップと思えるホイールやタイヤ(市販ブランドのホイールにオールシーズンタイヤを裝著していた)を除き、見える部分に関してはこのまま市販車につながると考えてよさそうなのだ。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!

左側のステアリングスイッチには、オーディオの基本操作に加えてナビ畫面に映るカメラの切り替えや「スマートパノラマパーキングアシスト」と呼ぶ駐車時のハンドル操作を支援する機能の起動ボタンも搭載。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!

右側のステアリングスイッチはクルーズコントロールが中心。前を走るクルマに一定の間隔を空けて速度を自動調整しながら追従走行するACCが組み込まれていることがわかる。「PWR」は加速性能重視のモードのスイッチだ。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!

ワゴンタイプの軽自動車では異例といえる、大型センターコンソールを採用。大きなトレーを備え、ホールド機能も加えた電動パーキングブレーキのスイッチが設けられる。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!

運転席と助手席の間には大型のセンターアームレストも裝備。可動式で上に跳ね上げることもできる。リッドを開けると、內部は収納スペースになっている。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!

リヤシートのスペースは足元も頭上もしっかりと広く確保されている。座面が厚くて座り心地が良好なのもちょっとした美點と言える。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!

フロントシートは軽乗用車では珍しく左右が獨立した形狀。サイドの張り出しが大きく、サポート性も高そう。デジタル迷彩柄とオレンジステッチがアクティブな印象。

 
インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!
 

リヤシート格納は背もたれだけを前に倒すタイプで、操作も簡単。50:50の左右獨立で倒れるので、乗車人數や荷物の量に合わせてアレンジができる。後席を倒した際のフラットさはタフトの大きな魅力で、見た目もスッキリ。大きな荷物を積む機會が多いなら日常的に倒したままにしておくのもアリだろう。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!
インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!
 

ところで、クルマに詳しい人の中には「タフト」という車名を覚えている人もいるかもしれない。実は、1974年から84年にかけてダイハツから販売されていたクルマに使われていた車名なのだから。

その時のタフトは、小型ボディの本格的な四輪駆動車だった。そのデビューから40年以上を経てもうすぐ甦る新世代のタフトは、アクティブな雰囲気と快適性や実用性をミックスしたSUVクロスオーバーの軽自動車へとチェンジ。市販されたあかつきには、高い人気を得るのは間違いないだろう。

インテリアにも貫かれるタフ&スポーティ……そして使い勝手も抜群!
當ウェブサイト上では、スタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。
最新无码国产在线视频